フィットネスジムのロッカールームで着替えているときのこと。

足底筋膜炎がずっと治らなくて」

声がする方に顔を向けると、よく話をするトレーニング大好きおじさんが私を見ていました。

左足がヨジレてるな〜と思いながら、おじさんに近づいて『痛いのは左ですか?』と聞くと、

「え!なんでわかったの?」

左足をよく見ると、親指と人指し指の骨と骨の間が広がっています。

右足と比べると明らかに皮膚の状態が違います。

『ふくらはぎの外側も張ってますね』

『左右で比べると、ほら違うでしょ』

『○○さんは、普段足をヨジッて着いてるから骨と骨の間が開いてしまうんですよ』

 

「足着くと痛くて〜」

 

男性特有のガニ股でつま先が外に向いています。

そこで真っすぐ正面にして左足に体重をかけてみます。

すると、下記のように足が外側へ倒れてしまい、まっすぐ足裏が着けません。

※左足

 

 

痛みもまだこの時点ではあります。

 

(ロッカーでは他のおじさん達がいて、何か注目されているような・・・)

 

ココで足裏の方にもう少し意識を向けてみます。

痛みがあると、どうしても痛いところを安静し動かさないようになってしまいます。

これが痛みを長引かせる原因でもあります。

ケースバイケースですが、動かせられる範囲で動かすようにしていくことが痛み解決の第一歩になります。

 

『足裏のココ(※赤い点)に向けて体重をゆっくりかけてみて』

 

 

 

「・・・あれ、ココに体重をかけると安定する!痛くない!大丈夫だよ、鈴木さん」

 

(お〜、と他のおじさんからも小さな歓声が!)

 

翌日、トレーニング大好きおじさんに会うと、すでに片足のスクワットをやっていました。

↓※こんな感じ

 

 

 

「昨日教えてもらった、足裏のココ!を意識すると内転筋、中殿筋、お尻にくるね〜!」

と、大喜び!

無理したらいけませんよ〜、と言っておじさんには、goodポーズ👍をしました。 

 

 

実はこれで足底筋膜炎が治ったわけではありません。

組織が炎症しているわけですから炎症が収まるまでは時間が必要です。

ただ、炎症しているにもかかわらず「痛くない」体の使い方があるのは事実です。

炎症や痛みは体へのシグナルであることがわかります。

負担があるよー。という体の訴えなのです。

それを無視して使っていると慢性痛になってしまうのです。

 

 

ちょっと足の向きの角度や足を着き方(意識の仕方)を変えるだけ。

それだけで痛みがなくなります。

そのことを知っているかいないかで、痛みとの向き合い方がガラッと変わります。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

【随時受付中!!】※一般向けイベント

『腰痛を撲滅!「ゆるゆるストレッチ」姿勢もキレイに!』

〜グループレッスンの流れ〜
1 腰痛の原因って何?        
2 カチカチ腰もフワッとゆるむ!     
 最新ゆるゆるストレッチ
3 姿勢の正し方で、腰痛撲滅!

日程
・3月 8日(日)10:30〜11:30
・3月29日(日)10:30〜11:30
料金 2,200円税込⇒初回限定 1,100円税込


詳細はこちら↓

 

 

〜「いま知ってよかった」がここにある〜

将来の健康をつくる専門店

トータルフィットネス・コンディショニングセンター

 

公式HPはこちら

 

 

私は首、肩、腰が疲れたら、真っ先に姿勢を正すようにしています。

それがとても気持ちよく、カラダがゆるむからです。

 

逆にNGなのは、

 

押す、揉む、引っ張る(ストレッチング)です。

強度にもよりますが押したり、揉んだりすると筋肉や周りの血管を傷つけるリスクがあります。

ひどい場合は揉み返しが起こってしまうのです。

 

座業中などで首肩腰が凝る主な原因は「長時間、頭を前に倒していること」です。

ですから、根本的に改善するには、姿勢を正すことです。

姿勢を正すだけなので、リスクがほとんどありません。

いつでもできて、お金のかからない方法です。

 

姿勢を正す!?

そんなの知っているよーーー。と思われるかもしれませんが、

では、なぜ多くの方がやらないのか!?

おそらく姿勢を正してみたけど、何も変わらなかったからではないでしょうか。

 

正し方のコツがわかると、ウソみたいに体がゆるみますよ。本当に!!

 

前回のブログでご紹介させていただきましたが、

私が講師をした一般向け勉強会「カラダにやさしい勉強会」にご参加いただいた足道楽さんのブログ!

その勉強会で行った姿勢について、詳細にまとめてくださっています。

わかりやすく写真付きで解説して下さっているので、是非ご覧になってください。

 

 

『足道楽』さんのブログ↓

※足道楽さん ブログ引用

※左の写真が楽な姿勢

※右の写真が首肩腰が疲れる姿勢

 

 

もちろん、いきなり姿勢を正しても上手くいかないことがあります。

姿勢を正す前に、動かしゆるめておきたい部位があります。

 

それが“胸郭(きょうかく)”です。

 

あっ!もちろん、胸郭=骨、ではなく周辺の筋肉です。

上記の右写真のように、頭が倒れると胸郭の前側が縮んだ状態になります。

その縮んだ胸郭を伸ばす!のではなく、呼吸で開いていくイメージです。

すると、首や背中の動きがスムーズになって姿勢を楽に正せるのです。

 

 

胸郭運動

ゞ山圓佑犬

呼吸で胸郭を広げる

8撞曚鬚靴覆ら、胸椎(きょうつい)を伸展させる

 

 

 

◆↓

 

 

※補足 胸郭と胸椎

 

 

 

 

頭の位置が決まったら、背中全体を感じてみましょう。

一本軸ができたような、適度に力が抜けてすっーーとした感覚はないでしょうか。

実感できない方は、足元を見てみましょう。

 

 

※足道楽さん ブログ引用

 

 

たまに「ずっとこの姿勢でいないとダメなの?」というご質問を受けます。

安心してください!大丈夫です!

脚を組みたくなったら組んでもいいです。

背もたれに寄りかかって、だらんと楽な姿勢をとってもいいです。

10分、20分と長時間同じ姿勢をしないことを心掛けましょう!

 

そして、頭や足元の位置を数秒でもいいので正しましょう。

正す、やめる、正す、やめるの繰り返しが筋ポンプ運動になって、カラダが循環するのです。頭の中もスッキリします!

 

姿勢の正し方がわかると、疲れにくくなります。

ちょっとした腰痛もその場で解消することも可能です。

 

注意しないといけないのは、

姿勢づくりは一歩間違うと「強制」になってしまうところです。

その加減が難しいのですが、コツ=感覚がつかめると自分自身で体を整えることができます。

 

 

う〜ん、どうもその感覚は一人ではつかめそうにない!

そう感じられた方に!

2月16日(日)に開催するカラダの勉強会「てほどき」はいかがでしょうか。

しかも、初回の方はとってもお得ですよ〜!

詳細・ご予約はこちらから↓

 

初回限定のお得な料金で実施中!!

『からだの勉強会 -てほどき-』

※グループレッスン

●2月16日(日)10:30〜11:30

「疲れがたまらない!気持ちいい姿勢の正し方」 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

【新着情報!!】※一般向けイベント
 『腰痛を撲滅!「ゆるゆるストレッチ」姿勢もキレイに!』


〜グループレッスンの流れ〜
1 腰痛の原因って何?        
2 カチカチ腰もフワッとゆるむ!     
 最新ゆるゆるストレッチ
3 姿勢の正し方で、腰痛撲滅!

日程
・3月 8日(日)10:30〜11:30
・3月29日(日)10:30〜11:30
料金 2,200円税込⇒初回限定 1,100円税込

詳細はこちら↓

 

 

〜「いま知ってよかった」がここにある〜

将来の健康をつくる専門店

トータルフィットネス・コンディショニングセンター

 

公式HPはこちら

 

 

先日の一般向けイベント、
『カラダにやさしい勉強会』にご参加くださった方からご感想をいただきました!

 

しかもブログに、勉強会の内容を詳細にまとめてくださっていて、びっくりしました!
実はこの方、インソール専門店『足道楽』様のスタッフさん。

 

いや〜、さすがですね!


写真付きでとってもわかりやすいので、腰痛、膝痛や足のむくみが気になる方は是非ご覧になってください。↓
https://ashidoraku.amebaownd.com/posts/7699533…

 

足道楽 大塚店様の公式HP↓
https://www.ashidoraku.com/shop/ootsuka.html

 

 

〜「いま知ってよかった」がここにある〜

将来の健康をつくる専門店

トータルフィットネス・コンディショニングセンター

 

公式HPはこちら

 

 

昨日の指導中、
足首の外側に違和感があるとのことで、その場で調整しました。

写真なのでわかりづらいですが、足首(距骨)をある方向へわずかにずらしています。

 

クライアントの男性は最初はなんだろう?という感じだったのが、

足首→スネの外側→坐骨→仙骨の順にジワジワ感じはじめて、最後にはフワッとゆるんだ!と、おっしゃっていました。

 

『不思議な、気持ち良さ』

『手から何か出してます!?笑』

もう一回やってもらいたいとお願いされたので、同じように行うと

『ジワジワきた、きたー!』

 

足首から伝わってくる感覚にハマってしまったようです。
調整時間は10秒程度、
それだけで足首の動きがスムーズになり、歩くときの違和感がなく、とても満足していただけました!

 

男性が実感された通り、
意識(イメージ、思い)を持って調整しています。
理論や方法ももちろんあるのですが、
調整の最も大事なのはイメージ、思いではないかと思います。
皮ふは情報器官なので、微弱な刺激で何かを感じ取れる優れた機能を持っています。
人の気配とか、空気感とか、目では見えないけど「何か」感じるのは多くの方がご存知だと思います。

 

今回のように、言わずとも、それが伝わったことが嬉しかったですね。

 

さて、このような、
短時間で効果を実感できる!
体をゆるめる調整のコツを学べる勉強会があります!

 

2月9日(日)に開催する体の取説セミナー
『身体をゆるめる実践法‐柔らかくリラックスした身体へ‐』

 

では、

身体をゆるめるボディーワークを行います。
これは調整前の体の使い方の勉強です!

・緊張させてしまう立ち位置、ゆるむ位置?
・緊張する触れ方、とろける(ゆるむ)触れ方?
・思いって伝わりますよー、を体験!

 

その他、ペアで体をゆるめる調整を実践形式で行います!

 

定員の空きはまだございますが、
開催まで残り2週間をきりました!
ご参加をご希望の方はお早めにお申込みくださいませ。
トレーナー、セラピスト、治療家の方など、
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

 

 

【TFC取説セミナー】※指導者向け

2月9日(日)10:00〜13:00

『身体をゆるめる実践法‐柔らかくリラックスした身体へ‐』

 

 

 

 

 

最近のトピックスと言えばやはり新型ウイルスでしょうか。

決して人ごとではありませんね。

とは言え何か特別なことをするわけではなく、大切なのは日々のコンディションを整えておくこと

これに限るのかなと個人的には思います。

 

 

 

風邪やウイルスで言えば免疫機能を下げないこと。

最大の免疫器官と言われるのが腸で、全身の免疫組織の50%以上が存在しているそうです。

そういえばお正月明けに、体調を崩された方が多かったように思います

年末年始の食べ過ぎで、腸に負担がかかったのが要因かもしれません。

 

 

何にせよ、体調がすぐれないときに風邪を引きやすくなります。

睡眠不足?
運動不足?
トレーニングのやり過ぎ?
精神的なストレス
などトータル的に見ないと要因はわかりませんが、その人の許容範囲を超えて、肉体や精神に負担がかかったときに免疫力・抵抗力も落ちていきます

 

基本的に風邪を引いたときは、体をゆっくり休めることです。
体も心も働きっぱなしでは当然疲労、疲弊してしまいますからね。
家でゆっくりと体を休め、リラックスすること。

好きな本を読んだり、映画を観たりしてリフレッシュするのもいいですね。

ある程度調子が戻ったら、適度に体を動かしていくことも忘れてはなりません。

 

 

 

私のクライアントで、60代の女性はたまに体調の悪い日があっても、

よっぽどではない限りコンディショニングを受けに来てくださいます。

動いていない方が病気になっちゃう気がするのよ!(笑)」と言うのがその方の口癖です

本当に素晴らしいな、といつも感心しています!

年明けの指導では、その女性の体がガチガチで全身が緊張していました

呼吸をすると、とても息苦しそうにされていました。

背中側からそっと触れてみると、右側の肋骨がほとんど動いていないのです。

その日は呼吸(肋骨周辺)を整える指導をメインに行いました。

指導後には、緊張が取れてだいぶ体が軽くなられたご様子でしたが、

その日だけではなく翌日の朝実は昨日ちょっと体調が良くなくて、喉が痛かったんだけど、今朝起きたらビックリ!スッキリ喉の痛みが取れてました!これも運動のおかげかな?やっぱりヒトは動物。動いてなんぼよ!」と元気ハツラツなメールをいただきました。

このようなメールを頂けると、それだけで私も元気になります!

改めて自分自身の体のことをよくご理解されているのだなと思います。

 

 

 

やっぱりヒトの原点は動くこと。

動けること。

動かせていない(循環していない)ところを、

動かすことで全身にエネルギーが流れはじめます。

エネルギーとは気持ちの部分も含まれています!

運動は、健康快活な体には欠かせません!(*^^*)

 

快活・・・気持ちや性質が明るく元気のよいさま

 

 

●呼吸を整えるときのワンポイント

肩甲骨を動かしてから、呼吸に関わる胸郭を動かすと効果的です!

 

https://youtu.be/wQdql1LzGS0

 

 

https://youtu.be/cqbdYOUAeOI

 

 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

 

◇鈴木の指導をご希望の方はこちら

 

 

 

【TFC取説セミナー】※指導者向け

2月9日(日)10:00〜13:00

『身体をゆるめる実践法‐柔らかくリラックスした身体へ‐』

 

 

 

【からだにやさしい勉強会】 ※一般の方対象

2月  2日(日)10:30〜12:00

料金:500円(税込)!!

 

 

 

 

初回限定のお得な料金で実施中!!

『からだの勉強会 -てほどき-』

※グループレッスン

●1月26日(日)10:30〜11:30

「病気になりくい、痛みにくいカラダづくりの秘訣」 

 

 

 

先日開催した「カラダにやさしい勉強会」にご参加いただいた方から感想をいただきました!

《昨日はぐっすり朝まで眠れて、あれだけ歩いたのに疲れが残っておりません。また、妻からも肩の力が抜けて姿勢が良くなったと言われました》
愛知県からお越しいただいた方ですが、イベント後は東京観光をされて、その日は1万歩以上歩かれたそうですが、翌日は疲れが残らないという嬉しいご報告!

今回行った運動は決して特別な運動ではありません。

4、5種類の運動でたくさん体を動かしたわけでもありません。

運動の仕方を「ちょっと変える」だけでカラダを変えられます!

 

それを実感できるのが、私たちの勉強会です!

 

次回は2月2日(日)に開催いたします!
 

お申込み&詳細はこちらから↓

https://www.facebook.com/events/2987936411216977/

 

 

【からだにやさしい勉強会】 ※一般の方対象

2月  2日(日)10:30〜12:00

料金:500円(税込)!!

 

 

本日は「カラダにやさしい勉強会」を当社のコンディショニング・センターで開催しました!

今回参加者のほとんどが初めてお会いする方だったので、どうなるかな〜と不安もありましたが、始まってしまえば、そんな心配は全く無用でした。

 

まずは、立って自分の姿勢を鏡で見るところからはじめました!
足先の向きを確認する。
たったそれだけですが、そこから話を進めていきます。
すると、左右で足先の向きが外や内に向いていることに気づきます。
普段意識したことがないと、
「あれ!ほんとだ、左右で全然ちがう!?」
これだけでも新鮮な感覚です。

 

次に椅子に座り、足先を“外に開いた状態”と“膝とつま先をまっすぐ正面に向けた状態”で「ふくらはぎ」の硬さを調べてみます。すると、実は後者の方が皮ふや筋肉がやわらかくなります。ご年配の男性のお体を皆で触れて確認させてもらいましたが、全員が「ほんとだ〜!」と実感していただきました。

先ほどの男性は足先を外に開いた方が感覚的には楽なのです。でも肉体的には後者の方がやわらかくなる。
しかも、真っすぐ向けた方が楽に椅子から立ち上がれることもわかりました。
感覚と実際とでは、誤差が生じているわけです。
その男性は左膝がときどき痛くなるそうです。
足の状態を見ると、その理由がよくわかりました。
右足の方が力が入りにくく、それをカバーするように左足を使い過ぎているのではないかと思います。さらに左膝は右足よりもガニ股なので、余計負担がかかりやすいのです。
そこで、下記の私のブログでご紹介している仙骨運動を数回行うと、あっという間に右足に力が入るようになりました。

 

〇鈴木ブログ
http://takatoblog.jugem.jp/?eid=19

 

ここから、どんどん脚がキレイに整っていきます!
男性特有のガニ股だったのが、すらっとまっすぐな脚になっているのです。
当然、ご本人の意識でそうしている部分もありますが、
まっすぐの方が楽で気持ちいいと感じられるようになっていました。逆にいつもしているガニ股の方がやりにくくなっているのです。体を変えるには年齢は関係なく、誰でも変えることができるということです!

 

生涯、なるべく痛みなく、快適な生活を過ごせるように、今回は体の使い方をメインに見直していきました。
最後には、呼吸も軽くカラダも楽に動かせられる状態になって、皆さん笑顔でお帰りいただき、ほっと一安心。

 

本当に皆さんの感覚(反応)が素晴らしかったです。
ひとつ何かを行う度に「え!!!」
笑ってしまうほど、こんな簡単なことで、体が変わってしまうの!と、ナイスなリアクション(*^^*)
いいリアクションがあると、私もノッてくるので、どんどんアイディアがでてきます。
気づけば、あらかじめ用意していたことは、ほとんどやっていませんでした(笑)

 

次回は2月2日(日)に開催!
定員にはまだ空きがございますので、ご希望の方は下記のアドレスからご予約いただけます。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

改めて本日ご参加下さいました皆様誠にありがとうございました!

 

◇お申込み&詳細はこちら↓

https://www.facebook.com/events/2987936411216977/

 

 

【からだにやさしい勉強会】 ※一般の方対象

2月  2日(日)10:30〜12:00

料金:500円(税込)!!

 

 

 

 

初回限定のお得な料金で実施中!!

『からだの勉強会 -てほどき-』

※グループレッスン

●1月26日(日)10:30〜11:30

「病気になりくい、痛みにくいカラダづくりの秘訣」 

 

  

 

 

〜「いま知ってよかった」がここにある〜

将来の健康をつくる専門店

トータルフィットネス・コンディショニングセンター

 

公式HPはこちら

 

 

 

 

 

今年は暖冬と言われています。

それでもやっぱり寒いものは寒いですね。

私は暑さよりも寒い方が苦手ですが、あまり気にし過ぎないようにしています。

冬ですから、致し方ないと受け入れるという感じでしょうか。

心構えだけで寒いことには変わりませんが、寒さが《辛い》とは感じなくなりました。

 

もちろん、体が冷えて硬くならないように、体を循環させる運動は日々行っています。その運動は最後にご紹介いたしますが、

前述した《辛い=不快》というのが、実は慢性的な痛みの要因になっています。

 

 

《痛い感覚があっても、辛くなかったら痛みではないんですよ》

 

 

上記の一文は愛知医科大学医学部の牛田教授の言葉です。

※引用↓

慢性的な痛みに悩む人がぜひ知っておきたいこと

 

 

痛みについて理解を深める(向き合う)上で大切なことだと思います。

 

立っているとき、歩いているとき、靴の紐を結ぼうと体を前屈させたとき、

痛みは日常生活動作の中で感じることが多いです。

その日常動作が楽になることで、慢性的な痛みは根本的に改善されていくのだと考えています。

つまり、痛みを取ることが最終目標ではなく、

その先にある快適な生活を送れるために私たちはコンディショニング・セッションを行っています。

 

できれば生涯において、強い痛みを経験することなく歳を取りたいものです。

そのために自分の体や痛みについて《どう向き合っていくか》、

「良くなる」「良くならない」の分岐点は向き合い方であり、コンディショニングをする上でも重要なことだと私は思っています。

 

 

では上記のことを踏まえて、この時季にぴったりな運動をご紹介します!

 

寒い時季はお尻周りが冷えて、体の循環が滞りやすいです。

そこでおすすめなのが「仙骨運動(ゆるトレ)」です。

 

簡単に説明すると、腰骨の下にある仙骨を立てる!それだけです。

でも、コツがあります!

きちんとできると数回で背中周辺がふわ〜っと軽く、楽になりますよ。

 

50代男性のあるクライアントは、ベンチプレス(胸の筋トレ)をすると、よく背中をつってしまっていたのですが、この仙骨運動を行ってから腰をつることが一切なくなりました。

 

 

いくつかの注意点を意識して行ってみてください。

 

 

【基本姿勢】

 

 

幅は左右の膝の間にコブシひとつ程度の間隔をあけます。

膝とつま先を正面に向けてまっすぐにそろえます。

↑脚の位置が物凄く重要!!

片側の膝だけ、若干外に開いていないですか?

左右差がないか、必ず確認しましょう。

 

 

【運動前に体のチェック】

の吸いやすさ、吐きやすさ。

体を左右に捻じる、体を前屈するなど、今の体の状態はどうでしょうか。

 

 

【実践】

 

 

※青色が仙骨(背面)

 

手はモモの上に置きます。

息を吸いながら、仙骨を意識して背中を軽く伸ばす。(仙骨を立てる)

小さく、弱い力で充分です。

息を吐き、力を抜いて元の位置に戻します。

1回1回間を空けてゆっくり行いましょう。

一度に5〜6回程度。

※1mm背伸びするくらいの感覚

※上半身が前に倒れないように注意してください

赤い矢印の方向へ、縦にまっすぐです。

 

 

終わった後は、息が気持ちよく吸えていませんか。

特に肋骨の後ろ側がよく膨らむ感覚はないでしょうか。

また、体もやわらかく動けるようになっていると思います。

では椅子から立ってみましょう。

体が軽く、長時間でも立てそうな気がしませんか。

いつもより軽快に歩ける感覚はないでしょうか。

 

 

実はこの運動には、いくつかバリエーションがあります。

その実施方法については、またの機会にご紹介できればと思いますが、

いち早く知りたい、実際に受けてみたいという方は、

1月19日(日)に開催する「カラダにやさしい勉強会」でご体験いただけます。

日程のご都合があいましたら是非ご参加ください。

詳細は下記のアドレスからご確認いただけます。

 

 

お読み頂きありがとうございました!(^^♪

 

 

 

【からだにやさしい勉強会】 ※一般の方対象

1月19日(日)10:30〜12:00

2月  2日(日)10:30〜12:00

料金:500円(税込)!!

 

 

 

 

初回限定のお得な料金で実施中!!

『からだの勉強会 -てほどき-』

※グループレッスン

●1月26日(日)10:30〜11:30

「病気になりくい、痛みにくいカラダづくりの秘訣」 

 

  

 

 

〜「いま知ってよかった」がここにある〜

将来の健康をつくる専門店

トータルフィットネス・コンディショニングセンター

 

公式HPはこちら

 

 

 

 

 

 

【イベントのお知らせ】

 

今月19日(日)に開催!
『カラダにやさしい勉強会』
現在、お申込みが増えております(*^^*)

 

ワンコインで健康長寿の秘訣がわかる!
その場でも体が軽く、動きやすくなる!
痛みがあれば、その場でスッキリ解消いたします!

ご家族や職場の上司、ご友人の方で痛みや不調で悩まれている方がいらっしゃいましたら、ぜひお誘いの上ご参加くださいませ。
前回の静岡での開催では、短時間(1分程度)で首や腰の楽になられた方もいます。

19日(日)のご都合が合わない方は、
2月2日(日)も開催いたしますので、合わせてご検討くださいませ。

 

ぜひ、この機会をお見逃しなく!!

 

ご予約は下記のページの

 

《参加予定をクリックするだけ!》でOK(*^^*)
https://www.facebook.com/events/724073071417403/

 

 


http://www.youtube.com/embed/OV_AZWotez8

 

上記の動画は、御薗治療院濱井千恵先生がFacebookでご紹介されていたのを参考に私が行っているものです。指の反りができていないので全体的にまだまだ固いです

 

手は外部の脳と言われています。

手をやわらかくすると脳(思考)もやわらかくなるようです。

 

ちなみに、濱井先生の指体操(お手本)がこちら↓

https://www.facebook.com/chie.hamai/videos/878897225551458/

 

   

 

私と全然しなやかさが違いますよね。(笑)

ちなみに別バーションもございます。↓

https://www.facebook.com/chie.hamai/videos/879877565453424/

 

  

 

 

「先生、指がつっちゃう、つっちゃう!」

そんなことを言いながら、クライアントとたまに「指体操」をやってみると結構盛り上がります。

自分の体への意識を高められるので、運動前に行うこともあります。

 

皆様もこの指体操を試してみましたか!?

 

上手くできた、できない。

動きが固い、しなやかにできた。

 

他にも、

 

息が止まっていた。

別の指に力が入っていたり、

手とは関係のない、肩や口にも力が入っていたり、

代償動作(トリックモーション)をしてしまう!

 

など色々なカラダの気づきがありませんか。

 

はじめは、とにかく力が入ります。

冒頭の指体操は、指をくっつけて動かすことがポイントですが、

それを意識し過ぎて、物凄い力で指と指を離さないようにしていました。

 

あっ!と思って、少し力を抜いてやってみたらさっきよりも動くんですよね〜。

呼吸でリズムをとりながら、ゆっくり行うとさらに可動域が大きくなります

動きが速過ぎるのも、固さや力みの要因になるということです。

 

 

普段から息を止めやすく、力み、無理矢理体を使っているかも?

という気づきもこの体操を通して思いました。

 

信号待ちのとき、膝だけをピンと伸ばして(力を入れて)立っていませんか?

歩いているとき、肩を前に巻き込んでいませんか?

リュックを背負っている場合やカバンをもっていると、多少力が入りますが過剰な力みに気づけず一日を過ごしていると、激しい運動をしていなくても、物凄い疲労を感じるときがあります。

脱力までとは言いませんが、

適度に適当なときに、力を抜く・息抜きする習慣をつくることで疲労の軽減、身体の調子を整えることに繋がるのです。

※息抜き=口から息をハァ〜と吐くこと。フ〜ではなく、ため息をつくような吐き方。

 

 

今年最後のブログになります!

そこで年末年始で運動不足になりやすいカラダのコンディションが落ちないためにも、私がお勧めする体操をご紹介させていただきます!

 

 

 

〇年末年始にお勧めのコンディショニング!

 

ゞ山埃辺をゆるめる!

 

胸椎捻じり!


https://www.youtube.com/watch?v=cqbdYOUAeOI

 

胸椎捻じりのバリエーション(四つんばい)


https://www.youtube.com/watch?v=rbRDWn28b0I

 

G愧罎鮨ばしましょう!


https://www.youtube.com/watch?v=L1a8rk0MaUA

 

で愧罎鬚靴覆笋に丸めます!


https://www.youtube.com/watch?v=09ypwwu6iCo

 

ズ埜紊冒衙丱好ワット


https://www.youtube.com/watch?v=scohKLC0apU

 

 

上記の順番がお勧めですが、

別々に分けて実施していただいても問題ありません。

各5〜10回程度で無理のない範囲で、気持ちよく動かしていきましょう!

 

今年もありがとうございました(^^♪

 

来年も引き続き、グッドコンディショニングで!

 

 

 

 

 

◇鈴木の指導をご希望の方はこちら

 

 

 

【TFC取説セミナー】※指導者向け

2月9日(日)10:00〜13:00

『身体をゆるめる実践法‐柔らかくリラックスした身体へ‐』

 

 

 

【からだにやさしい勉強会】 ※一般の方対象

1月19日(日)10:30〜12:00

2月  2日(日)10:30〜12:00

料金:500円(税込)!!

 

 

 

 

初回限定のお得な料金で実施中!!

『からだの勉強会 -てほどき-』

※グループレッスン