最近のトピックスと言えばやはり新型ウイルスでしょうか。

決して人ごとではありませんね。

とは言え何か特別なことをするわけではなく、大切なのは日々のコンディションを整えておくこと

これに限るのかなと個人的には思います。

 

 

 

風邪やウイルスで言えば免疫機能を下げないこと。

最大の免疫器官と言われるのが腸で、全身の免疫組織の50%以上が存在しているそうです。

そういえばお正月明けに、体調を崩された方が多かったように思います

年末年始の食べ過ぎで、腸に負担がかかったのが要因かもしれません。

 

 

何にせよ、体調がすぐれないときに風邪を引きやすくなります。

睡眠不足?
運動不足?
トレーニングのやり過ぎ?
精神的なストレス
などトータル的に見ないと要因はわかりませんが、その人の許容範囲を超えて、肉体や精神に負担がかかったときに免疫力・抵抗力も落ちていきます

 

基本的に風邪を引いたときは、体をゆっくり休めることです。
体も心も働きっぱなしでは当然疲労、疲弊してしまいますからね。
家でゆっくりと体を休め、リラックスすること。

好きな本を読んだり、映画を観たりしてリフレッシュするのもいいですね。

ある程度調子が戻ったら、適度に体を動かしていくことも忘れてはなりません。

 

 

 

私のクライアントで、60代の女性はたまに体調の悪い日があっても、

よっぽどではない限りコンディショニングを受けに来てくださいます。

動いていない方が病気になっちゃう気がするのよ!(笑)」と言うのがその方の口癖です

本当に素晴らしいな、といつも感心しています!

年明けの指導では、その女性の体がガチガチで全身が緊張していました

呼吸をすると、とても息苦しそうにされていました。

背中側からそっと触れてみると、右側の肋骨がほとんど動いていないのです。

その日は呼吸(肋骨周辺)を整える指導をメインに行いました。

指導後には、緊張が取れてだいぶ体が軽くなられたご様子でしたが、

その日だけではなく翌日の朝実は昨日ちょっと体調が良くなくて、喉が痛かったんだけど、今朝起きたらビックリ!スッキリ喉の痛みが取れてました!これも運動のおかげかな?やっぱりヒトは動物。動いてなんぼよ!」と元気ハツラツなメールをいただきました。

このようなメールを頂けると、それだけで私も元気になります!

改めて自分自身の体のことをよくご理解されているのだなと思います。

 

 

 

やっぱりヒトの原点は動くこと。

動けること。

動かせていない(循環していない)ところを、

動かすことで全身にエネルギーが流れはじめます。

エネルギーとは気持ちの部分も含まれています!

運動は、健康快活な体には欠かせません!(*^^*)

 

快活・・・気持ちや性質が明るく元気のよいさま

 

 

●呼吸を整えるときのワンポイント

肩甲骨を動かしてから、呼吸に関わる胸郭を動かすと効果的です!

 

https://youtu.be/wQdql1LzGS0

 

 

https://youtu.be/cqbdYOUAeOI

 

 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

 

◇鈴木の指導をご希望の方はこちら

 

 

 

【TFC取説セミナー】※指導者向け

2月9日(日)10:00〜13:00

『身体をゆるめる実践法‐柔らかくリラックスした身体へ‐』

 

 

 

【からだにやさしい勉強会】 ※一般の方対象

2月  2日(日)10:30〜12:00

料金:500円(税込)!!

 

 

 

 

初回限定のお得な料金で実施中!!

『からだの勉強会 -てほどき-』

※グループレッスン

●1月26日(日)10:30〜11:30

「病気になりくい、痛みにくいカラダづくりの秘訣」