力みは、筋肉が『共収縮』状態にあります。

 

筋肉は一方が縮めば裏側の筋肉は伸びる(ゆるむ、弛緩)で、スムーズに関節を動かすことができます。

ところがその裏側の筋肉がゆるまず、逆に縮もうとすることがあります。
それが『共収縮』と言われるものです。

 

時に関節の痛みはこういう体の状態のときに起きます。


力みを意識的に抜けることができればいいのですが、そう単純にはいかない場合があります。

 

それは感情によって、力みが引き起こされる時です。


例えば肩の痛みがあると、腕を動かそうとする前に『痛くなりそう』という思いがブレーキをかけるのです。
つまり、ここで裏側の筋肉が収縮しようとしてしまうのです。


動かそうとしているのに、動かしたくない、そのような動きと感情がバラバラになると余計に力みが起きて、正確な動きができなくなります。
 

特に関節に痛みがあるときは、体をゆっくり動かして、大丈夫、大丈夫と思いながら動かしましょう。
 

途中で違和感が出たら、その手前でやめます。


それを繰り返すと、徐々に力みが抜けて痛みが軽くなっていきます。

 

 

◆ちょこちょこ更新しています

 

なるべく毎日つぶやきます